自分のことを愛さないくせに 他人に愛してるよなどと口にする人間は信用しないこと

自分のことを愛さないくせに

他人に愛してるよなどと口にする人間は信用しないこと

アフリカにはこんな諺があります

裸の人間がこの服をどうぞと

言ってきたときは注意せよ

マヤ・アンジェロウの言葉です

見えていない世界であっても

それを見たということは

ネット環境がある現代社会では

さほど難しいことではありません

ですがそれは簡単なことに限ります

誰でも言えそうなことに限るのです

本物とはそのようなものではありません

また見てきたように語っても

実際に見ている人からすれば

見ていないことはバレてしまうものです

一瞬は嘘をつけても

全てを嘘で貫くことはできません

全てを嘘で貫けない限り

至る所で、あれ、おかしいな?

と思われてしまうわけです

自称か本物かを判断するには

本物を知る人に見てもらえば

すぐにわかるわけですから

私は毛布をかぶって隠れることにします

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。