自分のたいしたこともない考えに終止符を打ったところで 誰も困りはしない 

自分のたいしたこともない考えに

終止符を打ったところで

誰も困りはしない

ヴァージニア・ウルフの言葉です

バカ道を歩く者は

自分のたいしたことのない考えに

こだわることはありませんが

よく考えてみると

残念なことですがバカゆえに

そもそも考えすら持たないものかも知れません

今日の言葉を引用すれば

自分の大したこともない考えに

終止符を打っても

誰も困りはしないのですから

自分も困らないわけです

自分のたいしたこともない考えにこだわり

自分の心を追い込んだり

まわりを傷つけているのであれば

世の中なんてどうにでもなるものですから

さっさと終止符を打った方がいいのではと

バカな私は思うのです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

全ての人が穏やかでありますように

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。