自分自身の道を迷いながら 歩いている子供や青年のほうが 他人の道を間違いなく歩いている人々よりも 好ましく思う

自分自身の道を迷いながら

歩いている子供や青年のほうが

他人の道を間違いなく歩いている人々よりも

好ましく思う

ゲーテの言葉です

言うまでもありませんが

人生は自分の人生であり

誰かの人生ではありません

誰かの顔色を伺いながら

生きるのが当たり前になると

自分の志が見えなくなってしまいます

ゲーテは

「人間は努力する限り過ちを犯すものだ」

とも言っています

努力をするからミスをするわけですし

ミスは努力したという証拠です

そして挑戦しない人には

ミスをする機会すらないと思います

まわりの顔色を気にせず

他人の道を、間違いなく歩こうとする

人生はやめて

自分の心と会話をしながら

自分の心が指し示す人生を

生きてみてはどうでしょうか?

あなたの船の船長は

あなた自身だと思います

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。