自我を張っていたのでは 他人の意見が耳に入るはずはありません

自我を張っていたのでは

他人の意見が耳に入るはずはありません

また、自分も立て

相手も立てるというような都合の良いことは

あり得ないのが世の常です

どんな仕事でも

自分を捨てることから始まります

この自分を捨てる

ということがわかってきたのは

70歳ぐらいからでした

早川種三さんの言葉です

はじめは

自分を捨てるということが

簡単には理解できないものですが

そこに本当の幸せがあるわけです

本当なのだろうか?と

真実の幸せを追い続けていると

バカな私でもわかるようになりました

ですので特別なことは何も必要ありません

真実の幸せとは何か?を

考えているだけで

それは必ず見えてきますし

今日の言葉が全て真実であることも

同じように見えてきます

真実とはそれだけ

説得力を持つものであり

真実の前では

虚実は全て霞んでしまうものです

真実を拠り所としていないから

本当の自信を持つことができなくなり

自信がないがゆえに

まわりが気になり

右往左往してしまうわけですから

虚実を拠り所とせず

真理という法を

生き方の拠り所にするということが

幸せに近づくひとつであるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。