若い人の弱点は 今の自分で世界を考えたがること 自分が変われば世界も変わることに気付いていない

若い人の弱点は

今の自分で世界を考えたがること

自分が変われば

世界も変わることに気付いていない

養老孟司さんの言葉です

自分が見ている世界や価値観が

全てだと考えがちなのが人間です

そして今起きていることは

全て自分の思考や選択の結果であるわけですが

いいことは自分のせい

嫌なことは他人のせいと思っている人も

多いのではないでしょうか

起きている出来事は

全て自分の思考と選択の結果だというのが

この世の真理です

今日の言葉にある

「今の自分で世界を考えたがること」とは

いいことや手柄は自分のせい

嫌なことや失敗などは他人のせいという感じで

真理を自分に都合よく解釈することです

この世の真理を理解してないということは

人生に迷っているということになります

真理を知る人は

いいことや手柄は全ておかげさまと

考えられる人であり

嫌なことは自分を省みて

自分を磨き向上させるチャンスと考え

どちらにしても他責にせず

自分ごととしてとらえることができる人です

嫌なことが起きたときは

誰にでも感情はあるものですから

一時的にいろいろ考えるものです

ですが世の真理や法則を理解する人は

嫌なことを乗り越え成長できたら

必ず最後は感謝になることを知っています

ですので

嫌な状況をつくりだした人を恨むことなく

また罵ることもなく

運命や環境を嘆くようなこともせず

成長するチャンスをくれたことに

感謝することができるわけです

そうなれば、いいことは感謝し

おかげさまで分かち合うことができるし

嫌な出来事の場合は

経験し成長できたことは

全ておかげさまであるわけですから

その経験を使って

なにか世にお返しができればと

考えることができるわけです

嫌なことをまわりのせいにして生きると

自分の思うように

まわりが変わってくれないかぎり

不平不満の人生であり続けます

ですが

他人を自分の思うように変えることは

そもそもできないわけですし

自分が変わるから人生が変化するわけですから

この世の真理や法則にそむかないよう

思考し行動していくことで

穏やかな心を手にすることが

できるようになるわけです

世の理(ことわり)や真理は

こういうものなのですが

これを知る人が賢者であり

これを理解できない人が愚者であるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。