草むしりを 一生懸命すればするほど 指に切り傷が増えていく 

草むしりを 一生懸命すればするほど

指に切り傷が増えていく

無傷の心なんかありえない

真剣勝負で生きていれば

傷や汚れは必ずついてくる

大越俊夫さんの言葉です

過去のことをあれこれ考えたって

何も変わることはありません

行動すればうまくいくことばかりではなく

失敗だってするわけです

うまくいった、うまくいかなかったということは

行動をしたという結果なのですから

そもそも行動しない人には

議論する資格もないわけですし

行動しない人に何かを言われても

全く気にする必要はないわけです

またいわれなきことを言われ

貶されたり、侮辱を受けることもあるでしょう

そのたびに落ち込んだり

悲しんだりするものですが

そのいわれなきことが

やがて自分を穏やかな境地に

導いてくれているのだと考え

忍辱するわけです

いわれなきことなのに

忍辱する必要はないという考えもありますが

憎しみや嫉妬などの

あまり付き合いたくない感情をもとにした対応に

いわれなきことだと反応しては

いつまでも

あまり付き合いたくないものの

連鎖が続いてしまい

さらに忍辱しなければならないように

なってしまいますし

相手の豊かな心を引き出すこともできません

この世は縁起の法にあるように

全ては縁により互いに関わり合っています

ですからいわれなきことを言う人が

絶対的に悪いわけではなく

いわれなきことを言われた人が

絶対的に正しいわけではありません

ですので、あれこれ考えず

ただ今という時間を大切にし、感謝し

謙虚に今を一生懸命生きること

人生とはそれでいいものではないでしょうか

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。