行動は必ずしも幸福をもたらさないかも知れないが 行動のない所に幸福は生まれない

行動は必ずしも幸福をもたらさないかも知れないが

行動のない所に幸福は生まれない

ウィリアム・シェイクスピアの言葉です

花の種を本の上に置いていても

芽が出てくることはありませんが

土に植え、雨が降り、日が照るなどという

いわゆる芽を出す縁がそろうと

やがて芽は出てきます

今日の言葉のように

そのようにすれば全て芽が出るとは

かぎりませんが

そのように条件がそろわなければ

芽が出る可能性は一切ないわけです

例えば他人の評価が気になる

ということで考えてみると

自分の中に他人の評価に反応する

種を持っていて

その種に誰かの評価という縁が加わり

感情という芽が出るわけです

不快な感情など誰も持ちたくありません

ですので不快な芽が出てしまいそうな

評価に対して気を使い

また多くの人は

心地のいい芽を出したいと思うので

心地のいい芽が出そうな評価を気にし

その結果いつも他人の評価が気になるように

生きてしまっているわけです

このように考えてみると

様々な感情の原因は

その感情の元になる評価をした人だけの

原因ではなく

その縁に反応し

感情として育つ種を持っていた

自分にもあるわけです

例えば不快になる種を持っていなければ

不快という感情は育ちようがありませんが

この世の人の全てを

自分の持っている種が反応しない人ばかりに

することは不可能です

であれば、不快な時間を少なくしていくには

どうすればいいのかということが

分かってくるのではないでしょうか

それぞれ持っている種が違うわけですから

同じ環境を経験し、同じ言葉を受け取っても

その縁に反応し

全ての人が同じ思いを持つことはありません

そういう感じで考えることができると

自分に起きていることは全て自分に原因がある

または自分にも原因があると考えることができ

他人や環境や過去が全て悪者で

全て自分以外の責任であるという思考には

どう仕向けても

つながっていくことができないわけです

そしてその思考を自分のものにしてしまえば

外部的な力に左右されることはなくなりますし

自分自身も力を使って

まわりをコントロールしようと試みることも

なくなっていくわけです

争い合う関係から解脱し

自由に向かうドアを開けることができる思考

それを知る人を賢者というわけでです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。