誰かにそこを直した方がいいよ、と 具体的に注意されたとする するとまるで自分の全人格を否定されたように思う人がいる

誰かにそこを直した方がいいよ、と

具体的に注意されたとする

すると、まるで自分の全人格を否定されたように

思う人がいる

そうではなくて、素直にそこを直そうと

心掛ければ良いだけの事

むしろ、教えてくれてありがとうと思いたい

誰からも注意や忠告されない方が

僕は嫌だな

小池一夫さんの言葉です

出来事は感情的に見れば見るほど

ただの注意だったものが

ゆがんで大きく成長してしまい

そして最後は自分の心が苦しくなり

自分に返ってくるものです

感情的に見たとしても

明るく見れば

出来事が大きく成長しても

自分も含めて誰も傷つけないですみそうだし

感情的に見たとしても

感情にとらわれない工夫をすることが

豊かな人生を歩くひとつの秘訣ですから

穏やかに生きるために

気を付けていきたいと思うわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    そう言えば去年の春頃までは完璧にそうでした。
    せっかく教えて貰ったことも全人格を否定されたような
    気になって面白くない気持ちばかりが先に立っていました。
    今はそんな稚拙な事は無くなりましたが(笑)。
    事実と感情を分けて考えることを学びましたからね。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。