足るを知らない事ほど大きな災いは無く 何もかも手に入れようとする事ほど 惨めな過ちは無い

足るを知らない事ほど大きな災いは無く

何もかも手に入れようとする事ほど

惨めな過ちは無い

足るを知るという事で得られる満足によってのみ

永遠に満足を得ることができるのである

老子の言葉です

幸せや豊かな人生など表現は違いますが

穏やかで充実した日々を送りたいのは

みんな同じではないでしょうか

そうした日々を送りたいという

願いは同じであっても

そんな日々を手にする人もいれば

手にすることができない人もいるわけです

穏やかな日々を手にする人は

今日の言葉をよく理解し

この真理を習慣にしている人であり

手にすることができない人は

今日の言葉の反対をやっている人

すなわち感謝し、満足することを知らなければ

永遠に穏やかな日々はこないのに

満足を学ぼうとせず

手に入れることで満足を得ようとし

いつも何かが欲しいと追い求め

心を荒ませている人です

一見、何かを手に入れることは

満足を得ることにつながる感じがしますが

満足を知らない人にとっては

それは手に入れた一瞬だけの

満足でしかありません

満足することを知らず

欲しい欲しいという思考習慣を持つ人は

何かをひとつ手に入れたとしても

何かが欲しいという考え方が

常に習慣になっているので

手に入れた後、気が付いたときには

次は何にしようかという思考が

自然に頭の中に湧きあがってしまうものです

そして手に入れたものは

「当たり前」に変化してしまい

満足感を維持することができず

さらなる満足を求めて

何かを探してしまうのですが

そうなると感謝体質から遠くなるうえに

いつまでも心が荒んでしまう状態を

改善することもできないわけです

多くの人がやっている

手に入れることによって満足を得る方法だと

いつまでも満足することはできないうえに

満足を手に入れる前に

その思考習慣によって自分が疲弊してしまいます

今日の言葉は真理のひとつですが

穏やかに生きたいのであれば

穏やかに生きることが

できる場所に続いている道を

歩いていかなければなりません

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。