本当のプロフェッショナルは その分野のことしかわからない人のことではなくて その仕事を通じてトータルに人間を感じさせる人のこと

本当のプロフェッショナルは

その分野のことしか

わからない人のことではなくて

その仕事を通じて

トータルに人間を感じさせる人のこと

加藤登紀子さんの言葉です

ビジネス系の本やセミナーなどでは

物を売るのではなく

ストーリーを売れなどといいます

同じものは誰から買っても同じものです

ですが商品に新たな価値を加え

買ってもらえる理由ができると

売り上げにつながりやすいわけです

やはり世に出るには

技術力や商品力も必要なことだと思いますが

人間力が大事だと思うわけです

技術だけで世に出ることも可能でしょうが

技術だけであれば

さらにいい技術が出てしまうと

選んでもらうことは難しくなりますし

資格を取れば世に出れる

ということになってしまいます

今日の言葉にあるように

プロとは商品やサービスだけではなく

人柄を含めた総合的なものであり

もっと言えば

商品やサービスは当たり前であり

そのうえで人柄が必要なのがプロである

ということではないでしょうか

自分が選んでもらえることによって

はじめて持っている技術やサービスを

世の役に立てることができるわけであり

どんなにすばらしい技術も

活かせる場所あってのものです

そしてその活かせる場所を

用意してくれるのは自分ではなく

自分を選んでくれた皆様のおかげであるわけです

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

この文章が何かの力になれば

この上ない喜びです

今日もお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    人柄が勝負なのでしょうね。
    一番自信の無いところですね。
    しかし、それを磨かない事には
    前に進めない事も分かっているので
    日々精進していきたいと思っています。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。