幸せとは道のりのこと

幸福とは到着する駅の事ではなく

そこに行くまでの道のりの事を言うのである

マーガレット・リー・ランベックの言葉です

自分が学生のとき

ご存じの方も多いでしょうが

「ドラゴンクエスト」という

ゲームが発売されました

ゲームの内容は

敵と戦い自分のレベルを上げて

最後のボスをやっつけるとゲームクリア

そこに至るまでには

いろんな人と会話して情報を集め

見知らぬ町や洞窟などを見つけ

探検しなければならないわけです

武器や防具などは強いものほど高く

またお金では買えない武器もあったりもする

そして現れる敵も

主人公と同じように強くなっていき

とにかく人生と同じように

すんなりとはいかない

人生と同じようにあきらめたら

クリアはできないのは当然だし

新しい町の情報を手に入れても

自分のレベルが上がらなければ

モンスターにやられてしまい

新しい町や洞窟に近づくことも難しい

学校から帰っては

地道にモンスターを倒し

経験値を積み、レベルを上げ、お金も貯める

そんなこんなで

なんとかクリアしたのですが

1度クリアしエンディングを見てしまうと

エンディングだけ

また見ようかなと思ったぐらいで

またゲームを最初からやろうとは

思わなかったんです

1度クリアし様子がわかってしまうと

新しいモノを発見していくドキドキ感がなく

ようするに楽しくないんです

確かにクリアした瞬間は

今までに費やした時間や苦労が報われる

瞬間ですので

ガッツポーズも出るし最高なんですけど

再び感動を味わおうと

ボスを倒すところからはじめて

エンディングだけ見ても

1度目の充実感と同じ感動が

得れることはありませんでした

クリアするまでの道のりは

単調な時間や地道な作業

強い敵に倒されてしまうと

データを記憶させてあるところから

再びやり直したりと

楽しいだけではなかったのですが

クリアしてみると

到達することではなく

その道中が楽しかったんだなというのが

よくわかります

ようするに

ゴールを目指して歩いている道中こそが

クリアするという目標や希望と共に

歩いているわけで

それが楽しさとセットだったんです

満足のいく結果

それによってのみ幸せになるのであれば

道中は必要なく結果だけあればいい

それでいいのであれば

エンディングだけ

誰かに見せてもらえばいいわけですが

そんなものに味気がないことぐらい

誰だってわかると思います

お金や名声のためではなく

自分自身が苦労してでも成し遂げたい何か

それは志です

誰かに歩かされた道ではなく

自分で選んだ道ならば

道中に苦しいことがあったとしても

きっと楽しかったと思える日が

くるのではないかと思ってます

そんな志をみつけることができれば

人生の道中はもっと楽しくなるに違いありません

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

4月18日、子育てセミナーやります!

講師の杉のさん、出版が決まったそうです!!↓↓

子育てのコツは頑張らないこと!

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。