柔軟さと高慢さ

幾通りにも知っている者は、柔軟である

一通りしか知らない者は、高慢である

テオドル・フォン・ヒッペルの言葉です

手持ちのカードは多ければ多いほどいい

そのカードの多さは

そのままその人の器の大きさや

心の広さにつながり

その器の大きさや心の広さが

結局は自分の人生を豊かにしているわけです

そのカードを増やすには

経験を積むしかありません

本でも多少増やすことはできますが

本で得た知識を元に経験を積むことが

カードを増やすことにつながります

そしてその経験はいい経験も

つらい経験も必要で

経験が増えれば増えるほど

どんどんカードは増えるわけです

頭で考えただけでは足りません

自分で考え、行動したことが

カードを増やすことになります

まわりから言われたからといって

自分で考えて行動しないと

全てその人のせいになりますから

自身の心の経験を積むことはできなくなり

カードは増えず

その都度「何を切ったらいいの」

「どうしたらいいの」と

まわりに問い続ける人生を歩み続けます

つらいこともうまくいったことも

全ては自身のためにあるというのは

こういうことだと思います

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    器、ちょっと目を背けたい言葉ですね(笑)。
    カードは常に増やしたいと思っているので
    こうでなければいけない!
    と言う思い込みをしない様に気を付けています。
    にも、関わらずこれが気に入らないとか
    あれが気に入らない!
    と、言ってる自分がまだまだいます。
    あれも良し。
    これも良し。
    なんでも良し!
    小さなこだわりを一つずつ手放した生き方を
    したいと思います。
    何時もありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。