長い目で見れば 利口者や金持ちに生まれつくよりも 運の良い人間に生まれついた方がいい

長い目で見れば

利口者や金持ちに生まれつくよりも

運の良い人間に生まれついた方がいい

サマセット・モームの言葉です

先日も感謝は高潔な魂の証であるに書きましたが

自分が運がいいと思える人は

まわりの人に助けられてきた

まわりの人のおかげさまという

感謝をきちんと理解している人です

松下幸之助さんは面接の最後に

「あなたは運がいいですか?」と

質問していたということですが

松下幸之助さんは

そのことをきちんと理解していたからこそ

「あなたは運がいいですか?」と質問し

人物の判断基準に

していたのではないでしょうか?

技術や知識は長い間やっていれば

高度なものを除けば

そこそこ身に付くものですが

感謝の感覚は目に見えるものでないだけ

簡単ではありません

経歴や技術や資格などの

外見に隠れて見えない

感謝できているか?という気持ち

それをあぶりだすために

「あなたは運がいいですか?」と聞く

「あなたは運がいいですか?」とは

「あなたはおかげさまと思って生きれてますか?」ということであり

「あなたは感謝して生きれてますか?」ということであり

つきつめると

「あなたは今、幸せだと思えていますか?」ということに

なるわけですが

みなさんはこの質問にどう答えたのでしょうか?

人生の選択はひとつではなく無限にあります

ひとつのことにこだわらず

選択の幅を増やすことは

人生を豊かに生きる

助けになると思っています

あなたの志は何ですか?

◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇■□◆◇

土砂災害の
ボランティア情報はこちらまで↓↓

広島市復興連携本部

今日もお読みいただきありがとうございました!

ご縁に感謝!

コメント

  1. 原田和宗 より:

    今とても幸せなんだと痛感しています。
    とにかく何かにずっと守られてるな、運がいいな!
    と思ったのはかれこれ10年くらい前からです。
    ここ1~2年その感覚を忘れていたのを
    やっと取り戻した感覚です。
    これからはもっと楽しくなりそうです。
    やっぱ運はイイのだから。
    いつもありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。